日本の朝食のおかずの定番!栄養豊かでお値段も安い。それは納豆!我が家の冷蔵庫にも常備しています。

この納豆ですが、熱々のご飯の上にかけて食べたら美味しいですよね。ところが、熱々のご飯にはかけてしまうとネバネバの部分に含まれるナットウキナーゼという酵素が死滅してしまうそうです。

酵素は熱に弱い性質で70℃で死滅してしまうので、ご飯が炊けたらお茶碗によそって少し冷ましたご飯の上に納豆をのせるといいですね。

また、ナットウキナーゼは胃酸に弱い性質も持っています。その対策として、納豆を良くかき混ぜましょう。

納豆を良く混ぜると、糸で出来た白いモコモコが出てきます。それは糖ダンパク質でそれを増やすことで、食べた時に胃酸からナットウキナーゼを守る役割をしてくれるそうです。