女性には高血圧が少ないという話を聞いたことがありませんか?わたしも若い頃は、低血圧だったので、まさか自分が高血圧になるとは思いもしませんでした。ところが60歳を過ぎたあたりから、少しづつ血圧が高くなり、ついに血圧が140を超えてしまいました。

女性ホルモンには、血圧を下げる作用があるらしいのですが、閉経と共に女性ホルモンが減少し高血圧になりやすくなるそうです。特に60歳を過ぎた女性の7割近くが高血圧になっていると医師から気化された時に驚いてしまいました。

わたしも多くの女性と同じ道を歩いているんだと思いながらも、できれば薬は飲みたくないと思いテレビで宣伝している高血圧対策サプリメントを飲むことにしました。

ネットで調べてみると恐ろしい数のサプリメントが発売されています。

中でも血圧を下げる効果が認められているのは、特定保健用食品か機能性表示食品です。

色々調べてみると血圧を下げる成分には『ペプチド』や『ピペリン』という成分ということが分かりました。

この血圧を下げる成分を配合しているサプリメントなら間違いないと探していると大正製薬が発売している『血圧が高めの方のタブレット』がヒハツ由来ピペリンを配合したサプリメントであることが分かりました。

製薬会社が発売しているのだから安心ですよね。

そんな理由で『血圧が高めの方のタブレット』を飲み始めました。

たった2週間ほど飲んだだけで125まで血圧が下がったので驚きました。

毎日好きな時間にたった1粒飲むだけで効果があるなんてヒハツ由来ピペリンって凄いですね。