職場で接客している時の言葉やメールのやり取りのと時に使う言葉が正しく使えているのか、相手の方に不愉快の思いをさせていないか。良くなやんだりします。

今回は職場でもよく使う分かりましたの意味の言葉、「了解しました」と「承知しました」という言葉がありますが、しっかり使い分け出来ていますか?

「了解しました」「承知しました」をどのような時に使うのが正しいのか、TV「この差ってなんですか?」で放送されていましたので紹介します。

「了解しました」は、目上の人が目下の人に使う

了解の
・了は=終わらせる
・解は=理解する
の意味。

つまり、「了解しました」は、話を理解して終わらせる。という意味になり、終わらせる事の出来る権限がるのは目上の人なので目上の人が
目上の人に対して了解しました。と使います。

やばいです!これまで目上の人に対しても「了解しました」と使っていました。反省です。

「承知しました」は、目下の人が目上の人に使う

一方、承知しましたに使われる『承』は、承る(うけたまわる)と使います。
承るは、自分を下に下げる時に使う謙譲語になります。ですので、「承知しました」は目下の人が目上の人に使う言葉になります。