お酒で女性に人気のある飲み物と言えば「赤ワイン」を思い浮かべる方も多いかと思います。赤ワインが人気になった理由は美味しいだけではありません。

「フレンチ・パラドックス」という言葉をご存知ですか?
これは、フランス人はバターやチーズ、肉などの動物性脂肪を多く摂取するのに、心疾患の死亡率は低いという現象の事で、その秘訣にフランス人が毎日食事の時に飲んでいる赤ワインに含まれるポリフェノールが関係しているという研究が発表され、急激に赤ワイン売り上げが上昇しました。

日本でも、今まで白ワインを飲んでいたが赤ワインに変えた。という人、焼酎から赤ワインを飲むようになった人など、赤ワインブームになりました。

赤ワインのポリフェノールに期待されている効果

赤ワインに含まれるポリフェノールは、カラダのサビを抑えてくれる働きに期待できると言われています。

カラダの中では酸素の一部が体内で活性酸素に変わり細胞を酸化させてしまい、生活習慣病などさまざまなトラブルが起きてしまいます。

赤ワインのポリフェノールはその活性酸素を中和しカラダのサビを防ぐ働きをしてくれるのです。

さらに、他の飲料と比較しても赤ワインに含まれているポリフェノールの量は桁違いに多く含まれているんです。

そんなことから赤ワインを飲む人が多くなったのです。ですが、赤ワインはお酒です。飲み過ぎてしまっては元も子もありません。

赤ワインを飲む適量は1日グラス2杯くらいが良いそうです。飲み過ぎに注意しましょうね。