TBS系で放送している『この差って何ですか?』で放送された、串揚げと串カツの違いを紹介しています。

番組では、大阪にある昭和4年創業の串カツ発症のお店『串かつだるま』に話を聞きに伺いました。

串揚げと串カツ両方ともパン粉で揚げて同じにみえますが、元々は全然違うものだったそうです。

串カツは、当時人気だった牛肉のカツレツをヒントに、牛肉を串に刺して衣を付けて揚げて出したのがはじまり。

一方、串揚げですが、発祥は大阪の『五味八珍』というお店。そこでは、牛肉だけではなく、豚肉やホタテなどの魚介類、さらに旬の野菜など、さまざまな具材を揚げて提供していました。現在は『五味八珍』は閉店しています。

つまり、元々串カツは牛肉を串に刺して揚げた物を指して言って、串揚げはいろんな食材を串に刺して揚げた物を指して言っていたんですね。ですが、段々、串カツ屋でも色んな食材を揚げるようになってきたんですね。

どころが、辞書には串カツは{豚肉と玉ねぎを交互に串に刺して揚げた物}と記載されています。

実は、串カツは関西と関東では全く違うものなんだそうです。関東では、辞書に書かれている豚肉と玉ねぎを交互に刺して揚げたものが串カツと言われていて、1920年代に誕生したと言われています。

あるとんかつ屋さんが、豚肉をカットした時に出る切れ端の肉を、豚肉と相性の良い玉ねぎと一緒に揚げたのがはじまり。

それが、人気のとなり次第に関東のとんかつ屋に広まっていったそうです。

一方の大阪は1929年に誕生したと言われているので、関東の方が少し前に誕生していたんですね。