今年も終わりに近くなりました。12月も半ばになると大掃除やクリスマスなど忙しくなりますが、忘れてはいけないのが年賀状です。

今年で平成も終わります。平成最後の年賀状になります。今年はどんな年賀状をかきますか?

そこで、TV【サタデープラス】では、”こんな年賀所は嫌だ”と題し、もらってうれしくない年賀状をを街に人にインタビューしました。すると、こんな答えがありました。

  • 旅先で撮った家族写真は、何か自慢されているようで・・・
  • 去年のはがきでくる・・・
  • 全部印刷で手書きのメッセージが無い
  • お年玉付き年賀状ではない
  • 毎年、手書きのメッセージに「今年は会いたいね!」本当に会う気があるのか?
  • 2年連続で出してないのに来る。察してほしい。
  • 会社の同僚が家族に知られたくない事を書いてくる・・・はがきなので家族も見る。

など、様々でしたが、中には定年をきっかけに「今年で最後にします。」と卒賀状を送った人もいました。

所で、年賀状ですが、いつまでに届くのがマナーとしてはいいのでしょう?
番組でマナーコンサルタントの方に聞いてみると、三が日の間に届くのが最も理想ですが、7日までなら大丈夫だそうです。

年賀状の引受開始は12月15日(土)からはじまっています。元日に届くためにはできるだけ2018年12月25日(火)までに出すと届くそうです。