なかなか治らない五十肩や四十肩に悩んでいませんか?40代でなると四十肩、50代でなると五十肩、どちらも肩が痛くて手が上がらないという同じ症状です。また肩こりが酷くて悩まれている方も多いのではないでしょうか?五十肩や四十肩や肩こりを解消する新常識を紹介します。

肩こりの新犯人「筋膜」を開放する

近年は、スマートホンやパソコンの普及により、利用する人が増加しています。利用する時の姿勢を長時間保つことで、あごが前にでて頭の重さが前にかかり、それを支えようと首や肩が緊張し負担がかかる事が多くなりました。

それが肩こりの一つの原因となってしまうそうです。マッサージしても肩こりが解消されるのは一瞬で、直ぐにまた肩がコリ辛い!こんな症状の方も多いのでないでしょうか。肩コリの原因は筋肉のコリも原因ではありますが、それだけではないことが近年分かってきたそうです。その原因となるのが「筋膜」です。

筋膜がコリの原因のメカニズム

筋肉のコリは、長時間同じ姿勢をして仕事をしたりしていると筋肉が収縮して、その状態が続くことで血流が悪くなり硬くなってしまいます。ですが、そん筋肉のコリはもみほぐすことでコリが解消されます。

ところが、それを何度も繰り返すと筋肉を包んでいる筋膜が癒着しシワがよってしまいます。筋膜はとても頑固で、筋膜のシワに筋肉が引っ張られてコリになってしまうのです。

この筋膜のシワを伸ばして元に戻すことが肩こりの解消方法になると近年は考えられているそうです。

筋膜を伸ばす筋膜リリースの方法

筋膜のシワを伸ばし解放するストレッチを、首都大学東京 竹井仁教授がNHKのためしてガッテンに出演して伝授しました。名付けて「筋膜リリース」。何種類かのストレッチをおこない筋膜をのばしていきます。では実践してみましょう!

【斜め腕伸ばし 筋膜リリース】

  1. 椅子に座り、右手を斜め後ろに伸ばす。※指先が床にもぐりこむイメージで
  2. 顎をひいて首を左に倒し、左手で右肩を押さえる。
  3. 左耳を肩よりも前に出すように首を回します。
  4. この状態で20~90秒間キープします。※出来る範囲で行いましょう。
  5. 次に、首を傾けたまま、鼻を左肩に近づける。
  6. この状態で20~90秒間キープします。※出来る範囲で行いましょう。

反対側も同じように行います。

【平泳ぎ風 筋膜リリース】

  1. 平泳ぎのように両腕を前に伸ばします。※背中を丸めないで肩甲骨だけを押し出す。
  2. この状態で20~90秒間キープします。※出来る範囲で行いましょう。
  3. 肘を肩の高さまで後ろに引きます。
  4. この状態で20~90秒間キープします。※勢いをつけないでゆっくり出来る範囲で行いましょう。
  5. 今度は、肘を引いた状態で手を上にあげる。肘の高さは肩の高さでキープ。※肘が下がらないように意識しましょう。
  6. この状態で20~90秒間キープします。

【S字 筋膜リリース】

  1. 右手を頭の後ろに、左手を背中の後ろに、肘を90度に曲げる
  2. そこから肘を反時計回りに回します。
  3. この状態で20~90秒間キープします。
  4. その状態で、右足を前にクロスさせ、カラダを左に倒します。
  5. この状態で20~90秒間キープします。

反対側も同じように行いましょう。

【バレリーナ風 筋膜リリース】

  1. 右手の平を自分に、左手の平を後ろに向けて、右足を一歩前に出す。
  2. 右手は天井に、左手は下に伸ばし軽く体を左にひねる
  3. この状態で20~90秒間キープします。

反対側も同じように行います。

ストレッチの目安の回数ですが、1日3セットをキープ時間の理想は90秒ですが、慣れるまでは無理をしないで出来る範囲で行ってくださいと竹井先生は話していました。

二週間実践すると、随分肩こりが解消されてくるそうです。